運動時のエネルギー供給機構

皆さんこんにちは!パーソナルジム MYroutinGYM(マイルーティンジム)目黒店の持丸です。

本日はトランス脂肪酸についてをご紹介致します!^^  

  • 今すぐエネルギーが欲しい時は
    ATP-CPr系(全力ダッシュ)

ATPを無酸素で再合成するシステムを「ホスファゲン機構」と呼ぶ

『ホスファゲン』とは、エネルギーを蓄えているリン酸の事をいい、○○リン酸と呼ばれている物質の総称になります。

無酸素でATP(アデノシン三リン酸)を再合成するシステムでは、クレアチンリン酸の働きが重要になってきます。

ATPが分解されADPになる時にエネルギーが発生し筋収縮が行われる

ADPをATPに戻すためにクレアチンリン酸が必要

ADP + クレアチンリン酸 → ATP + クレアチン

原材料となるクレアチンリン酸(CPr)を8秒程度で使い切ってしまい、継続できなくなります。


  • 長時間だけど激しい運動を繰り返す時は
    解糖系(陸上の中距離走やサッカー、ボクシングなど、大抵のスポーツの主要なエネルギー供給機構は、解糖系になります。)

糖は糖質、つまり炭水化物です。

炭水化物は食べると胃や腸で分解されグルコーゲンとなって体内に保管されています。解糖系は、そのグリコーゲンを分解することでATPを作り出します


  • ゆっくりだけど半永久的に働くのが
    有酸素系(マラソン)

有酸素系は、主に脂肪を原料にATPを作ります。

脂肪以外にも、解糖系によって出てきた乳酸も原料にできますが、圧倒的に脂質の方が多いので、脂質がメインの原料になります。

これまで、有酸素運動で脂肪が燃焼するには、20分以上かかるといわれてきました。体内のエネルギーは糖質から先に使われ、完全に消費してから脂肪が使われるという考え方からです。けれども、実際は糖質と同時に脂肪の燃焼も始まっています。その量が糖質を上回るまで20分以上かかるというのが正しい解釈のようです。

より脂肪の燃焼が始まる時間を早めたいのであれば、糖質が不足する空腹時に有酸素運動するのが良いという考え方もあるようです。

ただし、空腹時は血糖値が下がっているため、めまいや不整脈といった体調不良が起こりやすくなります。また、運動後に脂肪の燃焼が落ち着くまでは、しばらく食事を我慢しなければいけません。すぐに食べると糖質が入って、脂肪を燃焼する量が減ってしまうからです。

他にも空腹時の運動は、筋肉のエネルギー源となる糖質が不足しているため、筋肉が分解されて自らエネルギーを作り出そうとします。あまり極端な空腹時の運動は避けたほうが無難です。

MY routin GYMは目黒店、代々木店、麻布十番店、銀座店の4店舗あります。

パーソナルジム MY routin GYM 目黒店
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-9目黒東誠ビル6階
080-2282-1004

パーソナルジム MY routin GYM 目黒店
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-9目黒東誠ビル6階
080-2282-1004

JR目黒駅から徒歩1分!!

東急目黒線目黒駅、東京メトロ南北線目黒駅、都営三田線目黒駅から徒歩1分!!

パーソナルジム MY routin GYM 代々木店
東京都渋谷区代々木1-10-7
シャトレー代々木第一 2F
080-2282-1004

パーソナルジム MY routin GYM 麻布十番店
東京都 港区 東麻布1-17-15
​ザ・パーク麻布レジデンス 4階
080-2282-1004

パーソナルジム MY routin GYM 銀座店
東京都中央区銀座5-15-19 銀座三真ビル
080-2282-1004

身体を変えたい!今の身体を維持したいという方はパーソナルジム MYroutinGYM(マイルーティンジム)にお任せください!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP